社会医療法人川島会 徳島ヴォルティスオフィシャルスポンサー
徳島インディゴソックスオフィシャルスポンサー

第21回心臓リハビリテーション学会学術集会 in 博多

2015/07/20

7/18(土)~19(日)、福岡県の福岡国際会議場で心臓リハビリテーション学会学術集会が開催され、当院からも心臓リハビリテーション運用に関わる医師、看護師、理学療法士が参加しました。
 
学会当日、朝1番から参加するため、前日夕方の飛行機で博多に向かう予定にしていましたが、台風11号が出発当日にかけて徳島最接近するという事態が発生(@口@;)!!
 
当日になるまで無事出発できるかと心配されました(+o+)
 
が、当日迎えると台風は速度が上がり17日昼過ぎには徳島を通過し、
雨風の影響が少し残る中、プロペラ機の運航はされ、
多少揺れる中無事博多へ前入りする事ができました(^_^;)




学会開催当日は天候も良く、多くの参加者があったとの報告もありました。
(今回、終了後の学会報告では約4200名の参加があったとのことです)


   

昨年の参加した京都では、
心臓リハビリテーション指導士認定試験をひかえ、参加もそこそこに頭の中は試験の事でいっぱいでした(^_^;)
【無事試験は合格し、認定資格を取得することができました(*^^)v】
 
今回、『新たな予防医療の創造、そして展開』のテーマをもとに、さまざまなセッション、教育講演、シンポジウム、講演(一般・ポスター)等が行われました。各疾患別に加え今年は職種ごとなどより専門性に分かれてプログラムが構成されていたものもあり、興味をひかれるものが多々ありました。



より多くの事が学べるよう、一緒に参加したリハビリスタッフと相談し、同時間帯のテーマは分担する工夫などしながら聴講するようにし、とても充実した2日間になりました。
 
 
病院での心臓リハビリテーションを立ち上げ、運用開始して早3年が経過しています。
今後迎える高齢者社会にも柔軟に対応できるよう、今回参加して得たことを活かし、日々の包括的な診療を充実させていきたいと思います。
 
 
                                 心臓リハビリテーション指導士
                                 大石 晃久(理学療法士)

 

7月糖尿病教室

2015/07/07

今年度1回目の糖尿病教室を開催しました。
初めは糖尿病科部長 小松先生から「糖尿病性腎症について」のお話がありました。
 
 
難しい内容ですが、かわいいイラストでわかりやすいように説明してくださいました。
お話しの後のクイズは超難問でしたが・・・。
 
頭を使ったらお食事の時間です♪
本日のメニューは
・ ご飯
・ 天ぷら盛り合わせ
・ 大根と人参のけんちん煮
・ 酢の物
・ スイカ


 
こんなに食べてよいんだ!と驚かれる方。
家ではこれの倍食べている!と言われる方。
皆さん色々な発見があるようです。 

お食事の後は歯科衛生士さんが「歯磨きについて」のお話をしてくれます。

“歯磨きのポイント”は今日から実践できますね。
 
最後は「糖尿病カンバセーション・マップ™」を行いました。
「糖尿病カンバセーション・マップ™」は患者様同士が数名のグループで話し合い、お互いの知識や体験から糖尿病について互いに学びあうというものです。
今回は糖尿病歴の短い方は「糖尿病とともに歩む」、長い方は「食事・運動」というマップを使ってそれぞれ話し合いをしました。

 

皆さんご自分の意見や想いなどをお話してくださり、スタッフも大変勉強になりました。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

                                        管理栄養士 大西嘉奈子

第5回川島病院市民公開講座

2015/07/06

7月5日、第5回目となる川島病院市民公開講座が開催されました。
今年は『知ろう防ごう腎臓病~成人の8人に1人は慢性腎臓病です~』と題し、特別講演の講師に和歌山県立医科大学教授の重松隆先生をお迎えし、講演して頂きました。







    



重松先生からは5つのテーマで腎臓について、非常にわかりやすくお話して頂けました。時折ユーモアを交えた先生のご講演で、腎臓に関して理解が深まったのではないでしょうか。





次に川島病院の原恵子管理栄養士より栄養に関する講演とクイズがありました。写真にもありますが、胡麻ドレッシングよりポン酢の方が塩分が多いんですねえ。


休憩を挟んで、阿波踊り娯茶平連、岡連長による自宅でできるストレッチの方法のレクチャー、娯茶平連による阿波踊りがありました。



優雅な踊りの後は、川島病院の木村医師、野間医師による腎臓病に関連する心臓病や糖尿病について、ミニレクチャーがあり、今年の公開講座は終了でした。




今年も非常に多くの方に参加して頂きありがとうございました。
また来年も同じ時期に開催を予定していますので、どうぞよろしくお願い致します。
      
                                    川島 友一郎


 

第60回日本透析医学会学術集会

2015/07/03

6月24日(金)~6月26日(日)にパシフィコ横浜にて開催された第60回日本透析医学会学術集会に参加してきました。

今回は人生初のポスター発表ということもあり、ポスターの作り方から四苦八苦していました。
そして、発表当日ポスターを張ってみたところ...

ん?下がはみ出ているぞ(´;ω;`)
次からはポスターサイズに気を付けたいです...

発表は、多くの方が聞きにきてくださりました。質問も多く、新しく発売された鉄含有リン吸着薬「リオナ®への注目度の高さが伺えました。聞いた話ですが、リオナ®の演題だけで100演題以上あったみたいです...
3日間を通して、リンや鉄に関する演題を聞き、リオナ®という薬剤についてさらに興味がわいてきました。



またここで発表したり、学んだりできる日を楽しみにしたいと思います。


 

薬剤師:村上 真也

第60回日本透析医学会 ブースプレゼンテーション

2015/07/01

第60回日本透析医学会に参加してきました。川島ホスピタルグループからも座長・講演・発表者と非常に多くのスタッフが参加しました。

歯科スタッフは、以前に動画撮影にご協力させて頂いた事もあり、中外製薬さんからのご招待により参加が実現しました。今回は企業ブース内で講演をするというものでした。こういった形式は初めての経験であり、少々戸惑いがありましたが、本当にたくさんの方に聴講して頂きました。

「腎不全患者における口腔内観察ポイント~口腔ケアを始める前に~」と題して、口腔ケア、歯周病、腎疾患と口腔内の関わりについてお話し、口腔ケアの実際についてはデモンストレーションを交えながら行いました。



口腔ケアには歯磨きや義歯の清掃などの器質的口腔ケアと口腔周囲のリハビリを行う機能的口腔ケアがあります。それぞれのテーマについて、山崎歯科衛生士と田村歯科衛生士が講演とデモを行いました。患者役は川島です。


ブラッシング、スポンジブラシの使い方


嚥下体操のデモ



3日間で2万人の参加者があったとの事です。
日本最大級の医学会にて、歯科医療従事者にこのような機会を設けて頂き
ありがとうございました。

                歯科医師 川島友一郎  歯科衛生士 田村佑季 山崎 明香

12   13   14   15   次のページ