薬剤部

業務内容INDEX スタッフ数 勤務体制

薬剤部は、調剤業務はもちろんですが、製剤業務のTPN混注業務、入院・外来の抗がん剤調製などに加え、持参薬確認や、医療安全管理、ICT、NST、褥瘡、糖尿病や腎移植などのチーム医療へ参加しています。薬剤部の基本方針は、すべての薬剤師がどの業務にも積極的に参加できるようにする、つまり、どの業務にも一定のスキルをもってやっていけるようにすることです。今後、薬剤師を増員していき、各病棟へ薬剤師を配置し、約30%程度の院外処方をなくし、すべて院内処方化を目指していきたいと考えています。
以下、薬剤部の業務内容やスタッフ数及び勤務体制について紹介いたします。

1.業務内容INDEX

①  調剤業務:薬剤監査、処方監査、調剤、注射剤払い出し

医師は患者さんを診察し、薬による治療が必要な場合には、薬の処方箋を書きます。
薬剤師は、その処方箋をもとに、医師の処方箋の内容をチェックします。
  ※処方箋を見て、薬を調剤します。
  ※調剤された薬を、処方内容も含めて再びチェックします。

各段階で薬剤師が監査にあたり、疑問点は必ず医師に連絡し、患者さんが安心して薬を服用・使用できるよう確認します。
注射箋により、投与量、投与方法(点滴、静注、筋注、皮下注など)、投与期間、投与間隔、配合変化、溶解液、類似注射薬との併用、遮光の是非、内服薬との相互作用など、電子カルテを見ながら、問題がないかチェックし、注射薬調剤(個人セット払い出し)をします。安全性や治療効果などに、問題が有れば、医師に疑義照会をします。

②  製剤業務:院内製剤、消毒剤製剤、注射薬混合
    (クリーンベンチ内でのTPN調整)

薬の中には、特定の患者様に治療上不可欠な薬(特殊製剤)や治療に有効で必要ではあるが市販品にはない薬があります。また、当院独自の処方からなる院内製剤もあります。
抗癌剤の治療が安全かつ適切に行なわれるために、抗癌剤のミキシング業務(注射薬の調製)を行なっています。調製時は、専用の防護用具を着用し、クリーンベンチルームで、無菌的に行なっています。TPN混注と抗癌剤の混注をしています。

③  医薬品管理業務:在庫管理(医薬品の購入、院内供給)
    麻薬、向精神薬・血液製剤の管理及び記録の管理

病院の中で使用される殆どの薬(内用薬、外用薬、注射薬)を、納入業者(薬問屋)から購入します。薬の納品時には、検収を行い、薬品名、規格、包装単位などの確認、使用期限などをチェックします。
必要な薬が病院内に在庫されてないと、診療や治療に支障をきたす場合があります。その為、ある程度の在庫は常に確保しています。救命救急に必要な薬は、使用頻度が低くても、最低在庫量を常に確保します。このように必要な薬をある程度確保することと、購入した薬が使用期限内に適切に使用されるように、適正な在庫管理を行います。
麻薬、向精神薬はどの患者さんに、どれだけの量をいったかが分かるように、電子カルテや帳簿で管理しています。また、血液分画製剤に関しても、どの患者さんにどの製造番号(ロット番号)の製剤を使用したかが分かるように、管理しています。

④  医薬品情報管理業務:医療スタッフへの情報提供、薬剤管理指導業務

薬の情報は、インターネット・本など多くのところから得ることができます。DI業務では、薬についての様々な情報を日常業務に役立て、医師や看護師などの医療スタッフに提供するため、情報を収集し、その情報を分かりやすく整理・保管します。

服薬指導

患者さんや家族と面談し、持参薬、副作用歴、アレルギー歴などを聞いた上で薬の説明(効果、副作用、飲み方、飲み合わせなど)をします。患者さんや家族には安心して治療を受けていただきたいと思っています。

病棟内の薬の管理

病棟には注射薬、内服薬、坐薬、塗り薬、消毒薬などが配備されています。それらの使用期限、在庫、保管状態を定期的にチェックし、薬の適正使用を推進しています。

チーム医療への参画

病棟カンファレンスに参加するなど、医師・看護師・その他のコメディカルとの情報交換を重要に考えています。

副作用など薬に関する情報収集

病棟で起きた薬の副作用や病棟スタッフからの質問を収集しています。それらの情報は医薬品情報担当者によって整理されています。フィードバックが必要と思われる情報は速やかに病棟に伝達されます。

⑤  治験薬の管理業務

治験事務局・治験について

薬は、私たちの病気の治療や予防に欠かせない大切なものです。新しい薬の開発を行う場合、「薬の候補物質」について動物で効果や毒性を調べるだけでなく、人での有効性や安全性を確認する必要があります。人での有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」といいます。その中で、国(厚生労働省)から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。治験は、厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP:Good Clinical Practiceの略)という規則に従って行われます。参加いただいた患者様の人権及び安全は最大限に尊重され、秘密は守られます。

2.スタッフ数

薬剤師 10名

3.勤務体制

日勤  8:30 ~ 17:00   9:30 ~ 18:00
遅出  12:30 ~ 21:00
夜間は呼び出し対応 日曜はTPN混注

ページトップへ戻る