放射線科

画像診断読影部門の紹介 CT MRI
RI 医師紹介

画像診断読影部門の紹介

 川島病院ではさまざまな画像診断機器による検査、IVRなどが行われています(放射線室紹介をご覧ください)
 その中で、放射線科画像診断部門ではCT画像、MR画像I、RI画像、上部消化管透視の読影を行っています。

結果が急がれる検査にはできるかぎり早く役に立つ情報を提供するように、つとめています。

CT

維持透析患者さんにおこるさまざまな合併症のスクリーニングを目的とした腹部CT、脳血管障害に対する頭部CT、泌尿器科疾患では尿路結石、保存期心不全の患者さんのスクリーニング、移植手術前後の精密検査、泌尿器科疾患では尿路結石、尿路系腫瘍、下顎骨と歯の位置関係を観察する歯科CT、糖尿病患者さんの腹部スクリーニング、入院患者さんの急変時の検査、不明熱の原因検索などが多いです。また循環器疾患では冠動脈造影CTや急性大動脈疾患、肺水腫に対応したCT検査もなされています

* 結果が急がれる検査にはできるかぎり早く役に立つ情報を提供するように、つとめています。

MRI

脳血管障害に対応した頭部MRIや頭頸部MRA、造影剤を使用しないで動脈の状態を観察する腎動脈MRAや下肢動脈MRA、透析患者さんの脊椎MRIなど
近隣の病院から整形外科領域のMRIの依頼もうけています。

RI

骨シンチグラフィ:乳がんや前立腺がんに多い骨転移の検索を目的としており、県内から広く紹介患者さんが検査にみえます。
心筋血流シンチグラフィ:川島病院循環器科の患者さんの病態に迅速に対応した検査を行っています。心筋虚血の状態をいるために行います。

医師紹介

  日下 まき

# 放射線科部長
# 放射線診断専門医
# 放射線画像診断学
# 徳島大学 平成元年
古谷 かおり # 放射線診断専門医
# CT、MRI、マンモグラフィ
堀 安裕子 # 放射線診断専門医
核医学専門医
# RI
高尾 正一郎 # 放射線診断専門医
# MRI
ページトップへ戻る