リハビリテーション科対応疾患

脳血管疾患等リハビリテーション 運動器リハビリテーション 心大血管リハビリテーション

心大血管リハビリテーション(心臓リハビリテーション)

概要

当院リハビリテーション科では、県内でも数少ない心大血管リハビリテーション施設として認定され、平成24年3月より運用を開始しています。
当院での心臓リハビリテーションは、早期離床、早期退院、早期社会復帰はもちろんのこと、再発防止、心機能改善、寿命の延長、冠危険因子の是正を目的に、質の高い心臓リハビリテーションの提供を目指しています。
また、運動療法だけでなく患者教育として、看護師、管理栄養士、薬剤師の指導を含む包括的リハビリテーションの提供に努めています。

心臓リハビリテーションとは?

心臓病の患者様は、心臓の機能低下や安静生活の影響で、運動能力や体の調節の働きも低下しています。そのため、強い活動が行えず、またどの程度活動しても大丈夫なのかが分からないために不安も生じます。社会あるいは職場復帰前に、低下した体力を安全なやり方で回復させ、精神面でも自信をつける必要があります。
また、心筋梗塞や狭心症の主な原因は、心臓の表面を走る冠動脈の動脈硬化です。再発予防には、原因となる動脈硬化の進行を防ぐことが大切です。動脈硬化の進行を防止するには、食事療法や禁煙とともに、運動療法が有効であることが分かっています。
心臓リハビリテーションとは、心臓病の患者さんが、低下した体力を回復し、精神的な自信を取り戻して、快適で質の良い生活を取り戻すための総合プログラムです。
日本心臓リハビリテーション学会では以下のように定義されています。

心臓リハビリテーションとは、心血管疾患患者の身体的・心理的・社会的・職業的状態を改善し、基礎にある動脈硬化や心不全の病態の進行を抑制あるいは軽減し、再発・再入院・死亡を減少させ、快適で活動的な生活を実現することをめざして、個々の患者の「医学的評価・運動処方に基づく運動療法・冠危険因子是正・患者教育およびカウンセリング・最適薬物治療」を多職種チームが協調して実践する長期にわたる多面的・包括的プログラムをさします。

対象疾患

① 急性発症した心大血管疾患又は心大血管疾患の手術後の患者

② 慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患その他の慢性の心大血管の疾患により、
  一定程度以上の呼吸循環機能の低下及び日常生活能力の低下を来している患者

心臓リハビリテーションの効果は?

① 運動することによって、酸素の取り込みがよくなります。
② 運動能力が増加することによって、楽に動けるようになります。
③ 気持ちよい汗をかくことによって、不安やうつから解放されます。
④ 狭心症や心不全の症状が軽くなります。
⑤ 生活習慣病の危険因子(血圧、血糖値など)がよくなります。
⑥ 血管内皮機能(血管が自分で広がる能力)がよくなり血液の循環がよくなります。
⑦ 自律神経のバランスや働きがよくなることによって、血圧や脈拍が安定し、
  不整脈が起きにくくなります。
⑧ 血液凝固因子が安定し、血栓ができにくくなります。
⑨ 心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少します。
⑩ 心不全の死亡率や再入院率が減少します。

出典:Belardinelli R,et al:Circulation,1999,99,1173-1182 出典:Belardinelli R,et al:Circulation,1999,99,1173-1182

出典:Belardinelli R,et al:Journal of the American College of Cardiology,2001,37(7),1891-1900 出典:Belardinelli R,et al:Journal of the American College of Cardiology,2001,37(7),1891-1900

心臓リハビリテーションの実際は?

入院

病棟看護師・理学療法士が主になり、離床(ベッドから体を起こすこと)を行ないます。ベッドでの安静状態が長期に続く事によっ て引き起こされる心身のさまざまな低下(廃用症候群と呼ばれ寝たきりの原因となります)を予防し、まずは基本的な動作能力(起きる→座る→立つ→歩く)の向上を図ります。離床が進むと、病棟からリハビリ室へと進め、本格的な運動を開始していきます。

外来

患者様個々の身体能力に合わせて、より安全で効果の高い有酸素運動を行っていただくため、心肺運動負荷試験(写真)を実施した上で、運動処方(運動種目、運動強度、時間、上限脈拍・血圧設定等)を行います。
* 通常、運動効果をみるために3ケ月間隔(開始時、3ヶ月後、6か月後)で行っていきます。

入院・外来患者さんのリハビリ CPX実施風景



 <CPX実施目的>
  耐容能評価(同年代との比較も可)
  効果的な有酸素運動レベルの決定
  定期的な実施で、運動効果を数値化
                など

運動処方後は、外来心臓リハビリテーションにて、準備体操、有酸素運動(自転車漕ぎ運動、歩行)、レジスタンス運動(軽い筋トレ)、整理体操などを行います。
また、心臓病・生活・食事・運動に関する教育目的で、毎月ミニレクチャーも実施しています(下記日程表ご参照ください)。

【ミニレクチャー日程表】

  内容 担当者
第1木曜 生活指導について 看護師
第2木曜 食事療法について 管理栄養士
第3木曜 心臓病について 心臓リハビリテーション指導士
第4木曜 運動療法について 理学療法士

栄養指導 栄養指導

生活指導 生活指導

教育 教育

運動指導 運動指導

心臓リハビリテーションはいつしていますか?

入院

月~金 午前の部  9:00~10:10
    午後の部 13:50~16:00

外来

毎週月曜及び木曜日
 月曜 13:50~16:00
 木曜 13:50~16:00
3グループ(1グループ6名程度)に分かれ、集団運動を行います。
  1グループ 13:50~
  2グループ 14:15~
  3グループ 15:00~

外来心臓リハビリテーションの流れを教えて下さい

① 循環器外来受付にて受付をおこないます。
② リハビリ室にて体重測定、血圧測定などをおこないます。
③ 看護師が状態確認、医師が診察をおこないます。
④ 運動中の安全管理のため、心電図モニターの装着を行います。
⑤ みんなで準備体操(ウォーミングアップ)、レジスタンス運動をおこないます。
⑥ 自転車漕ぎ運動を30分間おこないます。
  * この時の負荷量は個々で違い、その方の一番効率の良い負荷でおこないます。
  * 心臓リハビリテーション指導士を取得した循環器医師・看護師・理学療法士が心電図、
    負荷量などをチェックしながらおこないます。
⑦ 自転車漕ぎ終了後、整理体操(クールダウン)をおこないます。
⑧ 心電図モニターをはずし、最終の血圧測定などをおこない、異常がないことを確認したうえで終了

~実際の風景~

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

実際の風景

スタッフ紹介

入院中あるいは外来通院時に様々な職種のスタッフが関わります

医師、心臓リハビリテーション指導士、看護師、理学療法士、管理栄養士、
薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、など

心臓リハビリテーション指導士資格取得者一覧

循環器内科医師:高森 信行
看護師:三好 友美
理学療法士:大石 晃久

心臓リハビリテーション指導士とは?
包括的心臓リハビリテーションには、医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床工学技士、臨床心理士、作業療法士、健康運動指導士などが関与し、その円滑な遂行のためには、相互理解と技術の向上及び専門知識修得が必要であり、その包括的心臓リハビリテーション実施に必要な知識と技術を有し、その理念を理解するものとして、日本心臓リハビリテーション学会認定『心臓リハビリテーション指導士』として認定されています。

ご相談・お問い合わせについて

心臓リハビリテーションに関するご質問やご相談は、
循環器内科あるいは心臓リハビリテーション担当スタッフ(理学療法士:大石)まで
お気軽にお声掛けください。

ページトップへ戻る