患者の権利と責務

権利

どんな場合でも一人の人間として、その人格、価値観などを尊重される権利があります。

良質な医療を公平に受ける権利

安全かつ適切で良質な医療を公平に受ける権利があります。

個人情報及びプライバシーが保護される権利

個人情報とプライバシーが保護される権利があります。

十分な説明を受け自己決定する権利

検査や治療の必要性、危険性、他の治療方法の有無などについて、理解しやすい言葉や方法で納得できるまで十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。また、医師が提案する検査や治療法に対して、自らの意思で選択し決定する権利があります。

診療記録の開示を要求する権利

自分の診療記録の開示を求めることができます。

セカンド・オピニオンを受ける権利

医師および病院を自由に選択する権利をもち、治療や検査等どの段階においても、他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求めることができます。

責務

規則を厳守し、迷惑行為を行わない責務

当院では、他の患者さん、医師及び職員への暴言、暴力行為、大声を出すなどの威嚇行為、セクハラなどの嫌がらせ行為、窃盗、盗撮、盗聴などの犯罪行為、また敷地内での喫煙(電子タバコ含む)、飲酒などの当院の風紀を乱す行為や携帯電話の使用(許可エリアを除く)を禁止しています。
上記に違反した場合、厳正に対処し、警察に通報する場合があります。

健康状態、過去に受けた医療について正しく情報を提供する責務

適切な医療を受けるために、自らの過去や現在の健康状態等について事実をありのままに伝えてください。

診療に協力する責務

治療計画を合意したあとは、計画に協力して、治療に必要な指示を守ってください。

診療内容について十分に理解する責務

健康状態や治療内容について十分理解できなかったときは、説明を受けた上で医師に対し自らの意思を明らかにしてください。

診療に対する費用を支払う責務

入院費・診療費、その他の諸費用などの支払い請求を受けたときには、速やかに支払ってください。

ページトップへ戻る