鴨島川島クリニック

院長の挨拶

鴨島川島クリニックは、川島病院最初のサテライトとして昭和57年に開設、平成13年に現在の場所に移転しました。現在血液透析、腹膜透析の患者さんが約140人通院されています。
さて当院の特徴は、平成13年の移転時にRO装置含め透析液の清浄化を行ったことです。現在では日本透析医学会からも透析液水質基準が示されていますが、当時から透析液の清浄化の重要性が認識され、当院ではそれに先駆け透析液の清浄化を行ってきました。
この成果につきましては、 2002年のEuropean Renal Association - European Dialysis and Transplant Association(欧州腎協会-欧州透析移植協会)で報告しております。
その内容は、エンドトキシンカットフィルターだけでなく、RO装置から透析液の清浄化行うことにより、慢性炎症反応の改善とさらに貧血や栄養状態の改善が認められたということでした。その後も当院では透析液清浄化を維持しつつ、最近では on-line HDF(オンライン血液透析濾過)も対応しています。
また、真心と誠実をモットーにクリニック特有のきめの細かい診療を心がけています。

鴨島川島クリニック院長 川原和彦

PS.
私はこの8月末に7年ぶりにクリニックを訪れたところ、夜だったせいか30分くらい道に迷っていました。今ならわかります、目印は鴨の湯です!

医師紹介

  鴨島川島クリニック院長 川原 和彦

# 日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本小児科学会専門医
日本糖尿病学会
European Renal Association - European Dialysis and Transplant Association
International Society of Nephroligy
# 腎臓内科
# 腎臓内科一般
# 山形大学 昭和63年

透析時間

鴨島透析室について

集合写真 患者様が安心して透析治療を続けながら、
その人らしく生活が出きるようにサポートして参ります。
ベッド数:43床

特定健康診査について

特定健康診査のページを参照してください。

アクセスマップ・駐車場

住  所:〒776-0033 徳島県吉野川市鴨島町飯尾字福井396-3     GoogleMapはこちら
電話番号:0883-24-8551
駐車場:県道240号線沿い「鴨の湯」が目印です。

#

ページトップへ戻る