HOME > 診療各科・各部のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

あいさつ

泌尿器疾患に対して、迅速な対応と治療を行います。体に負担の少ない検査や先進手術を導入し、患者さんに優しい医療を心がけています。

科の特色

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路や、前立腺、精巣、陰茎などの男性生殖器、および副腎などの後腹膜腔の臓器に発生した疾患を取り扱う診療科です。排尿障害、尿路結石症、尿路感染症、悪性腫瘍、性行為感染症、男性機能障害、内分泌異常など、その診療分野は多岐に渡り、高度な専門性と医療技術が求められます。このため、当院では患者様が最新の泌尿器科医療にアクセスできるように技術・設備をより充実させるとともに、専門的医療を行い得る他の施設とも充分な病診連携を結んでおります。

対応疾患

前立腺肥大症や尿失禁などの排尿障害、尿路結石症、尿路悪性腫瘍、尿路感染症、性行為感染症など、泌尿器科疾患に対する迅速な診断と治療を行います。

主な治療方法

光選択的前立腺蒸散術(PVP)の手術風景

レーザー発生装置

グリーンライトレーザーによる最新の前立腺肥大症レーザー治療

当院におきまして,前立腺肥大症に対し四国で初めてAMS社製GreenLight® HPSレーザーシステムを導入し,光選択的前立腺蒸散術(PVP)を開始しました。本治療は,前立腺肥大症の標準的な手術療法である経尿道的前立腺肥大症(TUR-P)と比べて治療成績に遜色はなく,出血や痛みが少ない・体(心臓など)への負担が軽い・カテーテル留置期間が短くてすむ・入院期間が短い(当院では4日程度)などの利点を有しております。現在,前立腺肥大症レーザー手術において、海外ではグリーンライトレーザー手術が最も多く選択されおり,日本でも保険適応となりました。前立腺肥大症でお困りの方は、ぜひご相談ください。

尿路結石症に対する低侵襲な治療

尿路結石症に対しては、体外衝撃波砕石術(ESWL)を活用し、より低侵襲な治療を心がけておりますが、ESWLで治療困難な場合には、内視鏡下の砕石術が選択されます。当院では、内視鏡を用いた砕石術を行うために、2種類(ホルミウムYAGレーザー装置およびリソクラスト砕石装置)の砕石装置を有するとともに、内視鏡は軟性腎盂尿管鏡および硬性尿管鏡のいずれをも備えております。このためESWLで治療が困難な患者様におきましても、より広い範囲の尿路結石に対して内視鏡下の砕石術で対処することができます。

これらの手術以外にも腎臓の摘出を要するような患者様におきましては、可能な限り開腹手術を避け、より早い回復を期待して体腔鏡手術を行っております。

泌尿器科関連の設備

GreenLight® HPSレーザーシステム、体外衝撃波結石破砕装置、軟性膀胱鏡、軟性腎盂尿管鏡、硬性膀胱鏡、硬性尿管鏡、泌尿器科体腔鏡手術器具、生理食塩水で安全に行える経尿道的内視鏡手術器具(TUR-is)、ホルミウムYAGレーザー装置、リソクラスト砕石装置、ウロダイナミックス装置、尿流測定装置

医師紹介

西谷 真明

役職
診療部長
所属学会・資格
日本泌尿器学会指導医・専門医
日本透析医学会専門医
専門
排尿機能障害、泌尿器癌
出身大学
徳島大学 平成2年

伊藤 文子

役職
医員
所属学会・資格
日本泌尿器科学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本老年泌尿器科学会
日本医師会
専門
泌尿器科
出身大学
香川大学 平成25年

阪野 太郎

役職
医員
所属学会・資格
日本泌尿器科学会
日本透析医学会
専門
泌尿器科
出身大学
香川大学 平成27年