社会医療法人川島会 徳島ヴォルティスオフィシャルスポンサー
徳島インディゴソックスオフィシャルスポンサー

第256回 徳島医学会学術集会

2018/02/21

第256回 徳島医学会学術集会(平成29年冬期)が、徳島大学大塚講堂で開催されました。学会では、特別就任記念講演や市民公開シンポジウム、一般演題発表が企画され、大変勉強になりました。
 


今回、私は一般演題のポスターセッションで症例報告をさせていただきました。
 
発表までにしっかり準備はしたものの、初めてのポスター発表はとても緊張しました、、。
質疑応答では他院の医師から、私にとっては難易度の高い質問があり、一瞬ドキッとした場面もありましたが、なんとか無事に発表を終える事ができました。反省点は多々ありますが、このような会で発表できたことは、私にとって貴重な経験になりました。
 
臨床検査技師として、これからも臨床に少しでも有用な検査結果を提示することができるように、日々努力していきたいです。
 
 
 
今回、発表にあたりお世話になった循環器内科 岩瀬先生、検査室の先輩方、放射線室の皆様、システム担当 藤田さんに、心より感謝申し上げます。

臨床検査技師  吉川由佳里  

第12回医療の質・安全学会学術集会に参加して

2017/12/07

2017年11月25日~11月26日の2日間、千葉県幕張メッセで開催された第12回医療の質・安全学会学術集会に参加してきました。


医療安全の学会ってどんな学会?医療安全って聞くだけで難しそうなイメージありませんか?

もちろん真面目な話も多いですけど、講演などでは意外と笑いもあり、楽しく取り組んでいる話などが聞けたりして、院内でもあーしたり、こーできたらいいかもなんて思いながら聞いてました。やっぱり色んな発表を聞いたりすると触発されますね。

医療安全は一人でどうにかできるものでなく、みんなで取り組んでこそ発揮されるものです。ルール、ルール、ルールを守ろうってうるさく言うこともありますが、患者の安全のため且つ自分を守るためにも必要なことですので、ご協力お願いします。
 
25日の夜は学会に参加したメンバー(西内先生・萩原さん・小畠さん)と夕ご飯を食べることになり、新橋のSL広場で待ち合わせしたのですが、SLがクリスマスイルミネーションバージョンになっててとっても綺麗でした。



いい学びもあったし、美味しものも食べられたし、来年もまた参加したいです!

第61回 日本透析医学会 検査室 岡本さん

2016/06/29

 今回、6/9~6/12に開かれた第61回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。


 
 私は、6/11に一般演題(口演)「PD/基礎研究」のセッションにて発表しました。


 
 高松さん、中條さん、多田さん、酒井さんが共に来てくださりまして、とても心強かったです。口演発表はとても緊張しましたが、非常に良い経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

 

臨床検査技師 岡本 拓也     

 

第61回 日本透析医学会 検査室 酒井さん

2016/06/13

2016年6月10~12日に大阪で行われた、日本透析医学会に参加させていただきました。
 日本透析医学会は、今回初めての参加でしたが、シンポジウム、教育講演、ワークショップと勉強になる口演が、たくさんありました。
 


 今回の目的は一般演題の発表でしたが、何度か経験してきて準備はしていたつもりでしたが、当日はやはり緊張してしまい、少し早口になってしまいました。
なんとか無事に終えることが出来て、ほっとしました。
 


 今回、発表にあたりとご指導いただいた先生方、部署の先輩方に感謝しつつ、今後、学んだ事や経験を次に活かしていきたいと思います。

                      臨床検査技師 酒井 誠人

 

第26回 日本臨床工学会 in 京都

2016/05/15

2016年5月14‐15日に国立京都国際会館で開催された、第26回日本臨床工学会に参加してきました。



 今回は、私にとって初めての口演発表での参加でした。
 
 当日は非常に緊張しましたが、直前まで何度もスライドを見て頂き、ある程度の自身を持って臨む事ができました。
が、いざ発表となると、実際やはり緊張しました。

 ポインターを持つ手が震えたり、発表するスピードが速くなってしまったりと様々なアクシデントもありましたが、無事に発表を終えた達成感は何とも言えないもので、何事にも代え難い非常に良い経験だったと思います。
 
 今回、このような機会を与えてくださった川島会とご指導いただいた先生方、部署の先輩方に心より感謝いたします。

 

臨床工学技士 相坂 佳彦     

 

1            次のページ