川島病院スタッフブログ
勉強会
2019/02/14

2018年12月22日 ぐんま心肺運動負荷試験セミナーに参加

心臓リハビリテーションに関わるようになって7年、心臓リハビリテーション指導士を取得し5年が過ぎようとしています。

ぐんま心肺運動負荷研究会が主催している『ぐんま心肺運動負荷試験セミナー』という講習会があります。
もともと関東中心に開催されていたセミナーですが、最近地方でも開催されるようになり、今回大阪で開催されるという情報を得たので参加してきました。

会場は大阪医療センターでした。





もともと定員100名でしたが実際行くと100名以上の参加者がありました。
あとで知ったのですが170名と定員枠を増やしたみたいで、この講習会の興味・関心の
強さがうかがえました(≧◇≦)

セミナーは、午後からの開催でしたが夕方までびっしり(;^_^A
1つ1つの講習時間は短かったのですが、内容は要点のつまったものでした。
ポイント・要点をおさえるのに必死 (;^_^A アセアセ



理解でき分かったこともあれば(*’▽’)・・・

理解が十分できなかったことも(?_?)・・・・

1回のセミナーですべてを理解することはできず、
まだまだ学習と理解を深める努力が必要と痛感しました(ToT)

セミナーが終わり、帰るころには日も暮れていました。
晩御飯に立ち寄ったビルの屋上から空をみると満月がでていました。



セミナーでの疲れが癒されたひと時でした。

臨床で心臓リハビリテーションを行っていく上で、患者さん個々の状態に合わせた適切な運動処方が重要であり、その運動処方には心肺運動負荷試験が推奨されています。
しかし今回のセミナーで得たことは、心肺運動負荷試験は運動処方を行うために実施するだけではなく、実施することでたくさんのデータが得られ、それを読み解くことができれば、いろいろなことを判別していく手段になること、あるいは、結果の示している臨床的意味があることを知れたことです。

これから臨床でもっと心肺運動負荷試験を活用していけるよう理解を深めていこうと思います。


理学療法士
心臓リハビリテーション指導士
大石 晃久

勉強会
2019/02/14

透析技術認定士講習会

2/5~2/8大田区産業プラザPiOにて透析技術認定士の講習会に参加して来ました。
講習会は朝9時から夕6時まで行われ血液浄化療法ハンドブック2019に沿って講義が行われました。

長時間にわたる講義、講師の皆さま参加者の皆さまお疲れさまです。
普段行っている業務外の部分もあり不安ですが、5月の試験に受かれるよう今から勉強に励もうと思います!






 

臨床工学技士 那佐出朋代 

勉強会
2018/12/07

第30回X線CT認定技師講習会

11/17(土)、18(日)と岡山で開催された第30回X線CT認定技師講習会に参加させて頂きました。

この講習会はX線CT認定技師資格を取得するために必要な講習会であり、CTの基礎から臨床まで勉強することが出来ました。

 
 


試験に向けてこのテキストを勉強しなくてはいけません。





・・・このテキストを勉強しなくてはいけません。




 

励みます。

放射線室 佐木山薫

勉強会
2018/02/19

第16回川島ホスピタルグループ震災対策会議に参加して


2月15日に開催された震災対策会議、今年の講演は「南海地震・津波を迎え撃つ」というテーマでした。まずそのテーマに「えっ」って感じで本当に自然災害に打ち勝つことができるの?という思いで聞き始めました。知らなかったのですが、実は徳島は全国的にも災害文化の宝庫であり、今までに発生した地震や津波の資料や石碑などがたくさん残っているそうです。
そういう資料から先人たちの教えを教訓に来るであろう南海トラフ巨大地震に備え、
まずは生き延びろ!というものでした。当たり前ですけど「死なない」これ一番大切ですよね。

講演会が終わった後は、お世話になっている企業や地域の方々との懇親会が開催されました。普段なかなかお会いすることの少ない方々と顔を合わせることで繋がりも確かめられました。実際に起こって見ないと分からない震災ですが、もしもの時は“一致団結”で乗り越えるしかないですね。

  

看護師 藤田 都慕   

勉強会
2016/11/14

第20回 全国病院広報研究大会

第20回全国病院広報研究大会(四国中央市)に参加してきました。
自分自身もホームページの運営や広報誌の作成など、多くの病院広報に携わっており、
非常に難しい分野だと感じています。いつもの学会とは違う緊張感をもって参加してきました。

12の演題では、当グループの広報委員会の今後の活動に参考になる発表がいくつもありました。そもそもどのように、どんな方が広報活動を行っているのかという所がまず最初の関心事項でした。また今後起こりうる震災に備え、
災害時にホームページなどをどのように活用していくか、FacebookなどのSNSを有効に利用する方法など非常に興味深く聴講できました。

特別講演は、HAKUHODO DESIGN代表取締役社長の永井一史氏の講演がありました。俳優の本木雅弘さんが出演しているあのお茶のCMがありますが、商品開発からすべてを手掛けられたそうです。病院広報はヒット商品を生むためのツールではありませんが、病院のコンセプト・理念をいかにして患者さんへわかりやすく届けるかという点では、他の職種も変わりません。

このジャンルのみの研究大会が開催されていたことに、非常に驚きがあり、初参加させて頂きましたが、全国各地から200名近くの参加者がおり、今後も発展していく事を大いに予感させてくれました。

川島会のホームページや広報誌をご覧になられた方、またご意見をくださいますと幸いです。

               歯科医師・広報委員長 川島友一郎

1      次のページ