川島病院スタッフブログ
新型コロナウイルス感染対策実施中!
2020/09/03

新型コロナ対策紹介 病棟

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
これから、その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!
7回目は川島病院の病棟での新型コロナ感染対策をご紹介します。
 
徳島県内に新型コロナウイルス感染症患者が増加したため、現在面会禁止となっております。入院中の患者様の状況を把握しづらく、直接お話も聞けないために、御家族、患者様共にご迷惑をお掛けしています。
このような状況の中ですが、少しでも不安や心配事が解消されるために、当院ではテレビ電話での面会を行っています。御希望の方は遠慮なく外来受付にお尋ねください。

水曜日~土曜日(14時~16時30分)予約制(10分)
病棟では、新型コロナウイルス感染症対策として、患者様の療養環境の消毒、マスクの着用、手指衛生励行などの感染対策に努め、安全・安心の医療を提供できるよう心がけています。
感染を否定できない患者様の援助の際には、個人防護具(手袋、ガウン、マスク、フェイスシールド)を着用し援助を行っています。


入院患者様はもちろんのこと、病院全体への感染を防止するため、援助に関わる看護師は個人防護具の着脱訓練を実施しています。正確な方法で着脱出来るよう職員教育にも努めています。

当院には看護学生はもちろん県内の様々な学生さんが臨床実習に来ています。
職員だけでなく、学生の感染対策の知識も患者さんを守るために重要です。
そのため、実習初日に病院における感染対策の重要性と、新型コロナウイルス感染の病態や手洗い指導も含んだ勉強会を実施しています。
県内の感染者が増加したため、8月から実習生の受け入れは中止となりましたが、
医療従事者の仲間が正しい知識で感染対策を励行できるよう、今後も勉強会を継続していきます。
看護師 松田 幸子
 

続きを見る
新型コロナウイルス感染対策実施中!
2020/08/18

新型コロナ対策紹介 外来

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!
6回目は外来での取り組みをご紹介します。
 

■入館時に手指消毒・マスク着用!

全ての方にご協力をいただいています。
 

■全ての方に体温測定と聞き取り!

病院へ入館される全ての方々にご理解とご協力をいただきながら、体温測定や症状の聞き取りを行っています。そのため、当院への入り口は日中3か所へ集約いたしました。
詳しくは↓の「新型コロナ対策紹介 受付」でも紹介しています。


 

■もし、体温測定や症状の聞き取りで新型コロナウイルス感染症の可能性がある場合は?

体温測定や症状の聞き取りで感染症の可能性がある患者様には、さらに詳しく症状をお伺いし、一般外来には入室せず速やかに医師へ報告の後、待機頂く場所を決定します。
また、感染拡大防止対策のため個人防護具(マスク、手袋、エプロン、フェイスシールド)を着用した外来看護師が車椅子にて、他の患者様と交わらない通路や入口を経て発熱患者診察室へ移動します。
車で来院の患者様には、発熱患者診察室に近い駐車場所まで車を誘導致します。

■もし、ご家族や付き添いの方が新型コロナウイルス感染症の可能性がある場合は?

体温測定や症状の聞き取りで新型コロナウイルス感染症の可能性がある方の入館はお断りさせていただいています。
患者様のご家族や付き添いの方に可能性がある場合は、自家用車で待機をお願いし、患者様の不安が少しでも取り除けるようにスタッフが可能な限り代行いたします。
 

■心配事は看護師へどうぞ!

発熱患者診察室内で、医師の診察や必要な検査を行います。来院時からの状況を把握している看護師が専属となり患者様を支援します。また患者様とご家族や付き添いの方への連携もいたします。気になることやご不安がありましたら遠慮なく教えてくださいね。
 

■院内での移動

放射線科への検査には2階への移動が必要です。移動の際には、他の患者様と交わる事のないように十分注意し、先導者を配置します。患者様の体の負担を最小限にするため、移動先のスタッフと連携をとりながら、安全でスムーズに行えるようにしています。また、移動に使用したエレベーターは、清掃消毒を行い換気した後に使用を再開しています。
 

■外来の待合い

待合室の椅子には、「間隔をあけてお座りください」のシグナルカードを置き、ソーシャルディスタンスを保持して頂けるように表示しています。

 

■診療時間毎の消毒

外来のスタッフで協力し、毎日、午前・午後の診療終了毎に外来診察室内や待合室の椅子、手すり、カウンター、トイレのドアなど、頻回に手が触れる場所はすべて消毒薬剤で清拭を行っています。

 

■入院患者様へのお見舞い

県内の感染者の状況により制限を変更して対応しています。
現在は入院患者様の安全確保のため、面会禁止となっています。そのため、緊急臨時的措置としてテレビ電話による面会を行っています。テレビ電話による面会については、院内掲示や受付にて詳細をご案内させていただいております。患者様の安全を第一に考え、感染防止対策に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
外来看護師 数藤康代

続きを見る
新型コロナウイルス感染対策実施中!
2020/08/11

新型コロナ対策紹介 栄養管理室

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!
5回目は栄養管理室についてご紹介します。

■栄養指導
当院は糖尿病や慢性腎臓病などで通院されている患者様が多く、栄養指導にも力を入れています。
患者様に安心して栄養指導を受けていただけるよう、スタッフ個々の体調管理やマスク着用はもちろんのこと、三密(密閉・密集・密接)にならないよう気を付けています。
指導室は決して広い部屋ではありませんが、患者様との一定距離を保つよう注意し、密閉を避けるためドアを開放したり、机にアクリル板を設置したりと、できる限り感染リスクが低くなるよう工夫しています。また、指導室の机やいす、ドアノブなどの消毒を1日2回行っています。

■入院食
入院食提供のためにはさまざまな食材納入業者さんが関わっています。感染を防ぐために、業者さんの出入口を1ヶ所に決め、担当スタッフによる検温および健康チェック後に入室してもらうことにしています。
また、新型コロナウイルス感染の可能性がある患者様がもし入院した場合には、下膳時や洗浄時の感染リスクを考慮して、入院食を使い捨て食器(ディスポ食器)で提供するマニュアルとなっています。

休憩時間
休憩時間にスタッフが利用する食堂は、お昼時にはいつも満員になっていました。しかし、クラスターの発生を予防するため、下記のような対策を行いました。
●食堂の着席数を減らし、対面で食事をしないようにした。
●テーブル使用後は各自が洗浄・除菌効果のあるクロスで清掃することにした。
●出入口のドアを開放し、常時換気するようにした。
●休憩時間を時間差でとるなど、食堂の分散利用をすすめた。
●食事が終わり次第、休憩室へ移動するようすすめた。

マスクを外し会話しながらの食事は、感染のリスクが高いことが報告されています。
せっかくの休憩時間ですが、スタッフ同士の会話は控えるようにしています。自分自身や周りの大切な人を守るために、それぞれが意識することが必要ですね。

管理栄養士 原 恵子

 

 

 

続きを見る
新型コロナウイルス感染対策実施中!
2020/08/07

新型コロナ対策紹介 リハビリ

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!

4回目は川島病院リハビリ室での新型コロナ感染対策をご紹介します。

リハビリ室では、入院・外来患者様共にマスク着用は必須で、入室前には全員消毒液にて手指消毒を実施しております。
また入院・外来患者様でリハビリ室を使用する時間帯を分けており、混在しないように工夫しております。
さらには、ビニールカーテンも設置しております。

運動機器も可能な限りソーシャルディスタンス

患者様が1名使用される毎に、機器・ベッド・枕等の消毒。
また、午前および午後の業務後にスタッフ一丸となって全室消毒を実施しております。


入院患者様、外来患者様のどちらも来室されるリハビリ室だからこそ、手厚い感染対策が大事だと思っています。
少しでも早い新型コロナの終息を願い、これからもコロナ対策を徹底していきます。

理学療法士 玉谷高広

続きを見る
新型コロナウイルス感染対策実施中!
2020/08/01

新型コロナ対策紹介 川島透析クリニック

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!


3回目は川島透析クリニックについてご紹介します。
川島透析クリニックでは新型コロナウィルス感染症の予防対策について、皆様にご理解・ご協力をお願いしております。
 

■入館前の検温・問診

入館する方全員にマスク着用のお願いと、非接触型体温計での検温と問診を実施しています。
発熱があった場合は以下の通りに対応させていただきます。

 37.0℃以上・・・腋下体温計で再検査
 37.0~37.4℃・・医師に確認後、透析施行(他の患者様と入室するタイミングをずらし、感染専用ベッド対応も可能)
 37.5℃以上・・・医師の診察後、透析施行(医師の判断で検査、及び病棟にて感染隔離透析も対応可能)


また、問診の際に以下の事項をお聞きしています。

 1. 咳、痰、のどの痛み、味や臭いのわかりにくさがありますか?
 2. この2週間で、県外や海外に行きましたか?
 3. 県外や海外から帰ってきた人と接触しましたか?その人に発熱や呼吸器症状はありますか?
 ※上記に1つでも該当する場合は、より詳しい問診を行い医師の指示を仰ぐ

 

■館内の飲食禁止と3密の回避

患者様同士の接触をできる限り少なくするため、館内は飲食を禁止し座席の間隔を広げています。
普段より座席数が減っており、ご迷惑をおかけしていますがご協力をお願いいたします。


また、患者様更衣室では、私語を控え、速やかな退出をお願いいたしております。


この他にも、スタッフの体調管理や手指消毒の徹底など対策を実施しています。
苦しい時期ですが一緒に乗り越えていきましょう。
臨床工学技士 田尾 知浩 

続きを見る