川島病院スタッフブログ
2020/08/01

新型コロナ対策紹介 川島透析クリニック

川島病院は感染症指定医療機関ではありませんが、来院いただく患者様やご家族を新型コロナウイルス感染症から守るため様々な対策を行っております。
その取り組みの一部をスタッフブログで紹介していきます!


3回目は川島透析クリニックについてご紹介します。
川島透析クリニックでは新型コロナウィルス感染症の予防対策について、皆様にご理解・ご協力をお願いしております。
 

■入館前の検温・問診

入館する方全員にマスク着用のお願いと、非接触型体温計での検温と問診を実施しています。
発熱があった場合は以下の通りに対応させていただきます。

 37.0℃以上・・・腋下体温計で再検査
 37.0~37.4℃・・医師に確認後、透析施行(他の患者様と入室するタイミングをずらし、感染専用ベッド対応も可能)
 37.5℃以上・・・医師の診察後、透析施行(医師の判断で検査、及び病棟にて感染隔離透析も対応可能)


また、問診の際に以下の事項をお聞きしています。

 1. 咳、痰、のどの痛み、味や臭いのわかりにくさがありますか?
 2. この2週間で、県外や海外に行きましたか?
 3. 県外や海外から帰ってきた人と接触しましたか?その人に発熱や呼吸器症状はありますか?
 ※上記に1つでも該当する場合は、より詳しい問診を行い医師の指示を仰ぐ

 

■館内の飲食禁止と3密の回避

患者様同士の接触をできる限り少なくするため、館内は飲食を禁止し座席の間隔を広げています。
普段より座席数が減っており、ご迷惑をおかけしていますがご協力をお願いいたします。


また、患者様更衣室では、私語を控え、速やかな退出をお願いいたしております。


この他にも、スタッフの体調管理や手指消毒の徹底など対策を実施しています。
苦しい時期ですが一緒に乗り越えていきましょう。
臨床工学技士 田尾 知浩