HOME > グループ紹介 > 社会医療法人川島会 > 部門紹介 > 臨床工学部 > アフェレシス

アフェレシス

 当院では様々なアフェレシス治療を行っています。
アフェレシスとは『分離』を意味する言葉です。特殊なフィルタ( 医療機器) に血液を通過させることにより血液の中の病因物質を分離・除去し体に戻す治療です。
また血液を治療対象とし血液中に存在する物質の除去が目的となるため幅広い疾患が治療対象となります。

当院が行っているアフェレシス一覧です。

血漿交換(PE:Plasma Exchange)

体外に出した血液をフィルタ( 医療機器) に通過させることにより、血球成分・血漿成分に分離することができます。そうして分離させた血漿を破棄して新しい血漿を補充する治療法です。

二重濾過血漿交換(DFPP:Double Filtration Plasma Apheresis)

フィルタ( 医療機器) によって分離した血漿成分を、二つ目のフィルタを通すことで、病因物質等へ分離除去させ有用なタンパクを患者様に戻す治療法です。

LDL 吸着療法(LDL-A:Low Density Lipoprotein Apheresis)

動脈硬化の原因といわれる悪玉コレステロールをマイナスに荷電したカラムに吸着させることで、血液から悪玉コレステロールを取り除き血流を改善させる治療法です。

白血球除去療法(L-CAP:Leukocytapheresis)

炎症に関わる白血球を取り除くことで、白血球から放出される炎症性サイトカインによる炎症を抑える治療法です。

顆粒球吸着療法(G-CAP:Granulocytapheresis)

炎症に関わる顆粒球を選択的に除去、または機能を変化させることで炎症を抑える治療法です。

腹水濾過濃縮再静注法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)

「難治性腹水症」患者様の腹水を取りだし、濾過濃縮を行い有用なタンパクを患者様に還す治療法です。

エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP:Polymyxin B-immobilized Fiber Column-Direct Hemoperfusion)

敗血症の病因物質であるエンドトキシンを特殊なカラムに血液を通過させることで吸着除去、体内へ戻す治療法です。

当院でアフェレシス治療される方へ

 実際の方法は右手と左手の肘関節あたりに太めの針を1 本ずつさします。血液を取り出し、病因物質を除去する医療機器(カラム)に通したのちに、その後血液を体内に戻します。治療時間は、約1~ 2 時間です。副作用的なものはほとんど認めませんが、血圧が低下する場合があります。

治療までの流れ

 他院から紹介の患者さんの場合は、腎臓内科の岡田医師の診察をお受けください。
院内の患者さんの場合は、担当医師からアフェレシス治療を指示されると、日程・治療時間・検査日等を担当スタッフと話し合い進めていくことになります。なお、治療は社会医療法人川島会川島病院内の透析室で行います。分からない事があれば気軽にスタッフにまでお声をおかけください。

なお、血液を取り出すために、両手または足に比較的太い針を刺すので、痛みを伴います。そこで痛み止めの貼り薬を処方します。貼付箇所については我々スタッフから説明しますが当日の、血管状態により穿刺場所が変わる可能性もあるのでご了承ください。
治療開始1時間前に痛み止めの貼り薬を貼ってください。

*その他準備するものとしては保険証・診察券ベッドに敷くバスタオル・タオル・イヤホンなどがあります。

臨床工学部CONTENTS

透析部門CONTENTS

通院・入院透析部門

在宅透析部門